シンプルなデザインで様々なコーディネートに使えるおすすめのメンズシルバーバングル

出典:leparadox.com

 

こんにちは。TOMO(@tomoya_sugizaki)です。

メンズのアクセサリーでは割と定番のシルバーバングルですが、トレンドに左右されず、様々なコーディネートに使えるようなシンプルなものを探すとなるとなかなか見つからないものです。

デザインがシンプルでも、変に光沢があったり、加工が過ぎて小綺麗すぎたりで、若いカップルがペアルックでつけていそうなものばかり・・。

正直言ってああいったものをつけていては、どんなに格好良いコーディネートでも台無しです。

そこで今日は、シンプルでありながら他にはない雰囲気を持ったおすすめのシルバーバングルをご紹介します。

僕自身も長く愛用していますが、様々なコーディネートに使えてかなり重宝しているので、シンプルなシルバーバングルを探していた方は必見ですよ。

スポンサーリンク


WERKSTATT:MÜNCHEN/Hook Bangle

今回ご紹介するのは「ワークスタットミュンヘン」というシルバーアクセサリーブランドから出されている「フックバングル」になります。

あまり聞き馴染みのないブランドだとは思いますので、以下で詳しく解説していきますね。

WERKSTATT:MÜNCHENとは

以下は表参道の裏手にあるセレクトショップ「boutiqueW」さんから引用。(その下に少し補足を入れています。)

Designer: Klaus Lohmeyer(クラウス・ローマイヤー)
銀や金細工を学んだ後、1998年ブランドを立ち上げる。
1999年にパリにてコレクションを発表。
ドイツを拠点に、少数のスタッフにより一点一点ハンドメイドで創り出される彼の作品は、
細かな装飾、加工が施された美しい作品ばかりである。
ANN DEMEULEMEESTERやBoris Bidjan Saberiにアクセサリーのデザインを提供するなど
その才能は多くの人から支持されている。

 

 

「ANN DEMEULEMEESTER」は、モードシーンで長らく一線を走り続けるブランドですが、そのブランドでデザイン提供をしていたというのはかなりの偉業ですし、デザインの良さ、質の高さは折り紙付きです。

「werkstatt/ワークススタット」はドイツ語で「工房」という意味で、その名の通りドイツで職人たちの手によって一つ一つ手作業で作られています。

手作業ならではの加工の個体差や、シンプルながら他にはないデザインが魅力。

この「WERKSTATT:MÜNCHEN」が大々的に日本で取り上げられたのはここ1,2年の話で、一部では旬が過ぎたというような言われ方もしますが、このデザインの良さはまず廃れることないですし、今後も長く愛されるブランドだと思います。

Hook Bangle

同ブランドの中でも特におすすめしたいのが「フックバングル」になります。

ゴツめのデザインも多くある中で、非常にミニマルなデザインで使い勝手が良く、様々なコーディネートに合うのでおすすめです。

また、ヴィンテージから新品まで様々なアクセサリーとの相性が良く、単体でも重ね付けでも幅広く使えるので非常に重宝します。

僕自身、以前使っていた彫りのデザインが入ったものは一度手放したのですが、ヴィンテージからデザイナーズまで様々なバングルを試した後に、結局これのプレーンなタイプのものを買い戻しました。

シンプルミニマルでラグジュアリーな雰囲気がありながら、手作業の所為か少し無骨な印象があり、やはりこのブランドは魅力があります。

「フックバングル」はぜひとも一度手にとってみてください。

購入するにあたって

少し興味を持っていただけた方は、以下で取り扱いショップやサイズ感、値段などを解説しているので参考にしてください。

取り扱いショップ

東京

boutiqueW(ブティックダブリュー)表参道

LIFT stage(リフトエタージュ)代官山

Carrefour(カルフール)自由が丘

rdvoglobe(ランデヴーオーグローブ)渋谷

edition(エディション)新宿ルミネ

栃木県

ALUBUS(アルバス)宇都宮

千葉

salone(サロン)

大阪

fascinate(ファシネイト)大阪

兵庫

shelterⅡ(シェルターツー)神戸

富山

makes(メイクス)富山

海外通販サイト

farfetch(ファーフェッチ)

僕が実際に見たショップとネットの情報を載せました。もしその他ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

 

※ちなみに、「WERKSTATT:MÜNCHEN」のコレクション発表は年に一回のみで、入荷が各ショップまばらなため、直接足を運ぶ場合は一度在庫の確認をすることを推奨します。

価格

メーカーの意向で、基本的にショップの通販ページでは「ASK」や「0円」となっていることがほとんどですが、大体彫りのないプレーンタイプの物で2万円ちょっとです。(不適切でしたら削除します)

ショップに問い合わせると教えてくれますので、詳しい金額が気になる方は各ショップへご連絡を。

なお、先程ご紹介した「ファーフェッチ」というネットショップは、ものによってはかなり割高なのでご注意ください。

サイズ選び

「WERKSTATT:MÜNCHEN」のサイズ展開は、基本的にS・M・Lになりまして、手首周り17cm弱の僕でMサイズを着用しています。

手を上に上げると10cmほど落ちてくるやや緩めのサイズ感ですので、ぴったりがお好きな方はSで良いでしょう。(Sは僕でかなりジャストサイズです)

この辺りは好みですし、どちらが良いということもないので、お好きなサイズ感のものを選びましょう。

「時計と重ね付けしたいけど、時計が傷つきそうで嫌だ・・」という方はジャストで買うと良いです。

一本でつけるなら、ラフなサイズ感のMサイズの方が個人的に好きですね。

メンズのシルバーバングルはシンプルがベスト

今日は、様々なコーディネートに合わせやすく、シンプルでありながら他にはない雰囲気を持ったおすすめのシルバーバングルをご紹介しました。

今まで様々なバングルをつけてきましたが、やはりメンズファッションにおいて永く愛用できるのは、シンプルで雰囲気のあるシルバーバングルだと思います。

「WERKSTATT:MÜNCHEN」とてもオススメですので、気になった方がぜひチェックしてみてください。

ちなみに、ご紹介したショップは少し個性的なショップが多く、入りづらいところも多々あるかもしれませんが、ぜひ気にせずトライしてみてください。新しい発見や出会いがあってきっと楽しいと思いますよ。

The following two tabs change content below.

Tomoya Sugizaki

この記事を書いた人のTwitterをチェック>> Follow @tomo_cobhc 洋服や音楽関係の役に立つ情報を発信しています

僕が洋服に没頭するワケ→プロフィール(洋服遍歴)  
 
ご質問やご依頼はこちらへお願いします→お問い合わせフォーム