モンベルメリノウールのススメ。ユニクロのヒートテックを超える最強の防寒インナー

本格的な寒さが続き、今日は雪が降るほど冷え込んでいますが、皆さん防寒は間に合っていますか?

ダウンジャケットやコートなど、暖かいアウターを確保することも大切ですが、それ以上にインナーの強化は大切です。

防寒系のインナーは、ユニクロのヒートテックなどが有名ですが、今日はそれ以上に耐久性が高く、暖かい素晴らしいインナーをご紹介します。

 

スポンサーリンク


モンベル/メリノウールシャツ(ミドルウェイト)

モンベルのメリノウールというウール製の防寒インナーになります。

モンベルは日本で1975年に創設され、40年強の歴史を持つ有名登山用品メーカーですからご存知の方多いかと思いますが、このメリノウールという素材が使われた製品はご存知でしょうか?

メリノウールシリーズは、名前の通りウールをメイン素材として作られており、インナー、タイツ、靴下など様々なインナー製品を展開しているモンベルの主力ラインナップになります。

ライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションと三種類スペック展開となっていて、今回ご紹介するのはミドルウェイト(ウール100)です。

3、4年ほど前に購入してから今も現役で着続けており、この時期の防寒にはなくてはならない存在となっています。

自転車での通勤、私服のニットのインナー、とにかく寒い日にはこれ。使い勝手が非常に良いオススメのインナーです。

 

ウールの保温性

まずこのインナーはとにかく暖かい。

ユニクロのヒートテックと同じような厚みでありながら、ウール製品ならではの抜群の保温性を誇ります。

部屋の中でじっとしていたり、動かない分にはそこまで大きな違いは出ないのですが、歩いたり、自転車に乗ったりと、少し体を動かしたときには段違いの暖かさを感じることができます。

ライトウェイトとエクスペディションはまだ試したことがないのですが、おそらくこのぐらいの寒い時期にインナーとしてタウンユースするにはこのミドルウェイトが一番良いのではないでしょうか。

僕はかなり寒がりですが、少しコンビニに行くぐらいであればこれにユニクロのバルキーフリースを重ねればいけます。

 

化繊系インナーと差別化できる快適性

ヒートテックなどの化繊系インナーと圧倒的に異なるのがその快適さ。

まず、ウールならではの速乾性があり、運動をして汗をかいた後もすぐに乾いてくれるため、汗冷えすることがなく常に快適な環境で着続けることができます。

さらに、ウールは消臭効果も持ち合わせているため、汗をかいて乾ききった状態でも汗臭くなりづらく、室内や電車内などの狭い空間でも特に臭いを気にすることなく過ごせます。

僕自身、出勤で片道8kmほどの距離を自転車で走行していてよく汗をかきますが、ヒートテックでは絶対に感じられない快適さを常々感じているので、本当に手放せないですねこれは。

快適性といえば、メリノウールなので素肌でもチクチクしないのもかなり良いポイントです。

僕は割とウール生地でチクチクするタイプなのですがこれは問題なし。

最初こそウールを素肌に着ることに慣れていなかったため、少しだけ違和感を感じましたが、1日着用していたらそれ以降は全く気にならなくなりました。

 

3、4年着てもヘタレない耐久性

このインナーは耐久性にも優れています。

毎日ではありませんが、冬場はかなりの頻度で着用し、普通に洗濯機の標準コースで洗っていますが、まだ全然着られるような状態なのは本当にすごい。

縫い目の毛玉や、多少の伸びこそありますが、全体的に致命的なダメージもなく、変に伸びたりもしていないのでこれからも愛用していきます。

化繊系のインナーでは袖や襟ぐりの伸び、中厚手の少し起毛感のある素材だと毛玉など、結構すぐダメになってしまうのが嫌だったのですが、これはかなり長く着用できる耐久性を持っているので、値段は少し高いですがコスパはかなり良いです。

 

登山用品メーカーならでは?機能的なディテール

登山用品メーカーならではというと微妙ですが、やはり些細な部分がこだわって作られているのはさすが。

まず、着心地や腕の可動の良さなど、動くことを前提に作られているインナーですから、ラグランスリーブが採用されており、可動の良さはさることながら、シームラインが肩にこないことでインナー使いしても肩がごわつかずにコンパクトに収まります。

もともと結構タイトなフィッティングのインナーなのですが、ラグランスリーブなので快適な着心地です。

それから、リブの代わりに袖あたりに縫い目を入れることで、袖まくり時にしっかりと固定されるようになっています。

袖をリブにすると少し付け根のところがもたついて、インナー使いだとかさばるところを、こういった小技でカバーしているのは素晴らしい。(勝手な解釈の可能性あり)

機能的に作られているなあと感心しました。

でも、インナー使いにしかしないから良いけれど、胸にロゴが縫われているのは無くしてもらえたら嬉しいなあ・・。笑

 

最後に

お値段はミドルウェイトのクルーネックシャツで5048円+税(公式)。

やや値段は張るものの、保温性や耐久性など、様々な点で他メーカーの化繊の防寒インナーよりはるかに快適なので、是非一枚試してみてください。満足度が段違いです。

最初にご紹介した三種類の厚みの物と、ハイネックやタートルネックなど幾つかのネック形状のものがありますので、自分のライフスタイルに合ったものを見つけてみてください。本当にオススメです。

ちなみに僕は176/63でMサイズを着用しています。

2/19追記
今どこも品薄状態のようで、amazonも楽天も在庫がありませんね・・
モンベルの公式にSはあるようなので、サイズが合う方は見てみてください。
The following two tabs change content below.

Tomoya Sugizaki

この記事を書いた人のTwitterをチェック>> Follow @tomo_cobhc 洋服や音楽関係の役に立つ情報を発信しています

僕が洋服に没頭するワケ→プロフィール(洋服遍歴)  
 
ご質問やご依頼はこちらへお願いします→お問い合わせフォーム