品良くコーディネートできるおすすめのメンズチノワイドパンツ。

こんにちは。TOMO(@tomoya_sugizaki)です。

持っているとコーディネートの幅に広がりを持たせることのできるワイドパンツですが、いざ合わせてみると少し子供っぽくなりすぎたり、カジュアルになりすぎたりで、中々良いものって見つかりませんよね。

僕もなかなか思うようなものが見つからず、様々なものをトライしてきたのですが、試行錯誤の末、ようやく当分履いていけそうな理想の物に出会えました。

今日は、通年履けるコットン素材で、古着ファッションからモードファッションまで、様々なコーディネートに品良く合わせられる、おすすめのワイドパンツをご紹介します。

特に、シャツとの相性は抜群なので「シャツと合わせられるワイドパンツを探していた」という方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


コーディネートしやすいワイドパンツは素材が重要

これは僕が試行錯誤した上での個人的な意見ですが、様々なコーディネーに合うワイドパンツをお探しなら、素材は「コットン」が間違いないと思います。

近年ワイドパンツが流行ったということもあり、様々なブランドから、ウールやポリなどのスラックス素材のものが出されていました。

しかしこういった素材は、シャツに合わせるとややモードっぽくなりすぎたり、ニットなどと合わせると少し素朴さが足りずに上下がアンバランスになったりと、着こなすのに少しコツが必要です。

少しモードなコーディネートがお好きなら問題ありませんが、あまり気張らないような「少し抜けがあって品の良い」コーディネートを目指すのであれば、コットン素材が良いでしょう。

おすすめはE.TAUTZ/CORE FIELD TROUSERS

とはいえコットンならなんでも良いというわけではなく、コットンの厚みや硬さなどの素材感、それからシルエットなど、カジュアルすぎないバランス作りがキモです。

そこでおすすめなのがE.TAUTZというブランドのCORE FIELD TROUSERS。

いろいろと試しましたが、今の所これを超えるコットン素材のワイドパンツはないですね。

E.TAUTZとは

E.TAUTZは、150年以上の歴史をもつロンドン中心部のメイフェアに位置するショッピング・ストリート、「サヴィル・ロウ」にある老舗ブランド。GQ JAPANの説明がとても参考になるので、ぜひ合わせてチェックしてください。

※ちなみに今日ご紹介のパンツは、上記リンクの文中にある厚木のセレクトショップ「マセマティクス」にて購入しました。

都内や他県にお住まいの方だと立地的に不便かもしれませんが、セレクトがかなり面白くかなりおすすめのショップなので、こちらもぜひ合わせてチェックしてみてください。

CORE FIELD TROUSERS

E.TAUTZには幾つかの種類のワイドパンツがありますが、おすすめは「CORE FIELD TROUSERS」。

特出すべきは何と言っても極太のシルエットで、僕の手元にあるウエスト30インチのもので、腿幅36cm、裾幅26cmとかなりワイドな仕上がりとなっています。

しかし、ただワイドなだけではなく、程よいテーパードや中厚手のツイル生地の立体感や、股上をかなり深く取ることによって生まれる、ハイウエストで履いた時のバランスは最高。

正直、平置きで手に取った時は「太すぎて合わせづらそう」とイマイチピンとこなかったのですが、実際に履いてみるとその素晴らしさがわかります。

上記のシルエットの良さに加え、ツイル生地に少し糊付けが施された、やや白みを帯びた絶妙なツヤ感も品の良さに拍車をかけており、このパンツでしか味わえない魅力がありますね。

「CORE FIELD TROUSERS」かなりおすすめです。

※ちなみにカラーはネイビー、カーキ系、ベージュ、インディゴ(デニム地)がありまして、どれも合わせやすいのでおすすめですが、個人的にはネイビーが頭一つ抜けて好きですね。

ネイビーなら、ワイドパンツでも落ち着いたコーディネートになりますし、何より色々な洋服に合わせやすいと思います。

おすすめのコーディネート

少しおすすめのコーディネートをご紹介させてください。

いろいろ試した結果、春夏はシャツやTシャツ単体、秋冬はニットやコートと、あまり合わないものはなかったのですが、個人的には何と言ってもシャツとの相性が最高ですね。

ストライプシャツと合わせたコーディネート

こちらは、先日インスタに投稿したコーディネートですが、以前ご紹介したコムデギャルソンのシャツヘインズのビーフィ、それからレザーのビーサンを合わせています。

少し抜けがありながらもなかなか上品に見える(はず)。

他にもコーディネートを投稿していますので、よろしければ(@tomoya_sugizaki)フォローお願いします。

ベージュもおすすめ


参照:http://snap361.net/ig-tag/Sunnei/

こちらはネットで見つけた方の写真ですが、ベージュも良いですね。というかこのコーディネート抜群に格好良い。

ヴァンズのスニーカーを合わせたスケーターっぽいスタイルですが、シャツを合わせることでカジュアルになりすぎることなく、すごく良いバランスで着こなしされています。

それと、この方はレングスをジャストにカットしていますね。

E.TAUTZのCORE FIELD TROUSERSは、ロールアップしてもカットしてもそれぞれ良さがあるのでお好みで。(僕はもう1年ぐらいカットするか悩んでいますが・・)

デニムでも品の良さは健在

参照:https://twitter.com/lantiki/status/830314508690169856

こちらは有名セレクトショップ「LANTIKI」のツイッターより。

一応コットン生地なのでデニム生地もご紹介。デニム生地でも、ありがちなカジュアルさは抑えられ品の良さは保たれています。

ベージュと同様にこれも良いですね。そのうち余裕があれば両方追加したいぐらい。

正面からのシルエットももちろん良いのですが、何よりこの横からのシルエットが抜群に良く、これは股上の深さがしっかりと取られているCORE FIELD TROUSERSでなければ絶対に出ないシルエットです。

ワイドパンツをお探しの方はぜひ

今回は、古着ファッションからモードファッションまで、様々なコーディネートに品良く合わせられる、おすすめのワイドパンツ「E.TAUTZのCORE FIELD TROUSERS」についてご紹介しました。

今では、メンズファッションでも取り入れられることの増えたワイドパンツですが、中途半端な質のものを合わせると子供っぽくなりがちですので、ぜひこちらを試してみてください。

ちなみに現在国内の取り扱いショップだとネイビーはほとんど在庫がないので、気になる方はこちらの「Farfetch」からどうぞ。

商品の名前がやや適当になっていますが、友人がこのリンクのものを購入して同商品だと確認しておりますので問題ないです。

The following two tabs change content below.

Tomoya Sugizaki

この記事を書いた人のTwitterをチェック>> Follow @tomo_cobhc 洋服や音楽関係の役に立つ情報を発信しています

僕が洋服に没頭するワケ→プロフィール(洋服遍歴)  
 
ご質問やご依頼はこちらへお願いします→お問い合わせフォーム