絶妙な重厚感でオンオフ問わず使えるおすすめのメンズレザーベルト

こんにちは。TOMO(@tomoya_sugizaki)です。

ヴィンテージやデザイナーズなど、様々な洋服に合う黒のレザーベルトって探してみると意外と見つからないですよね。

厚みや幅、レザーの質感やバックルのデザインなど、どこかが良くてもどこかがイマイチというパターンってよくあると思います。

僕も以前からブランド問わず根気よく探していながらも、なかなか理想に出会えずにいたのですが、先日ようやく完璧だと思えるものに出会うことができました。

今日は、イギリスにてフルハンドメイドで作られる、シンプルでいながら存在感が同居する素晴らしいベルトについてご紹介します。

スポンサーリンク


M.F.SADDLERY×UW

イギリスのレザーベルトブランド「M.F.SADDLERY」に、当ブログでも以前紹介したシューリペアショップのUNION WORKSが別注をかけたベルトになります。

参考記事:GUIDI992の裏張り完了。大切な靴の修理はユニオンワークスさんへ

ここ最近個人的にイギリス熱が凄まじいこともあり、元々「M.F.SADDLERY」のベルトは狙っていたのですが、どこのショップも在庫切れで入手することができずにいました。

ですが、先日友人にオススメのベルトを尋ねたところ、オススメしてくれたのがこちらのブランドで、なんとUWが別注しており在庫もあるということで速攻ゲットしました。

M.F.SADDLERYとは

そもそもこのブランド、僕は最近まであまり詳しく知らなかったのですが皆さんはご存知でしょうか?

「M.F.SADDLERY」は、「Martin Faizey」というイギリスのレザークラフトマンによるブランドで、イギリスはウースター州にて、数名のスタッフとともにフルハンドで作られているそうです。

元々はデインズ&ハサウェイというブランドのベルト工房で活躍していた職人で、このブランドの他にも様々なブランドのOEM(簡単に言えば別会社が自身の名を使って販売する商品の製造委託)を手がけるこの道のスペシャリスト。

特に、ビクトリア朝時代の消防隊が使用していたバックルをデザインソースとした「クイックリリースベルト」は代表作であり、イギリス内でのすべての生産管理に携わっているそうです。

シンプルながら何をもって完璧といわしめるのか

「メイドインUKでフルハンド」洋服好きからすれば割とこれだけでもそそる要素はあるかもしれませんが、数々の物を見てきた今、それだけで購入に至ることはないですよね。

「すべてのベルトにはサドルレザーが使用され、その高い耐久性や重厚感が素晴らしい」・・・まだ弱い。

このベルトのどこに完璧と言わしめる要素があるかと言われれば「バランスが秀逸」この一言につきます。

1、1.25、1.5インチと幅が選べる中で僕が選んだのは1.25の物。個人的にこの幅がデニムからスラックスまで全てのパンツに合わせやすく、タックインして見せた時にも無骨さとエレガントさのバランスが丁度良い。

また、約4mmのレザーの厚み、真鍮にニッケルコーティングが施された程よい大きさで程よい存在感のバックルも素晴らしいのです。

ここでどちらも弱すぎると女々しい印象になってしまうし、かといって強すぎてもカジュアルすぎて全く振り幅のないベルトになってしまう。

感覚は人それぞれなので、上記どちらかのベルトを「完璧」とする方もいらっしゃると思いますが、ヴィンテージやデザイナーズを混合させたスタイルを好む方には間違いないはずです。

最初はやや硬いベルトですが数日で馴染みますし、退色して雰囲気を増すであろう経年変化にも期待が持てるので、長い付き合いを容易に想像させてくれる完璧なベルトだと感じます。

フルハンドで上質、それでいてハイコストパフォーマンス

正直このクオリティのベルトをデザイナーズで探そうとすると、最低でも3万ぐらいは覚悟しないといけません。

候補に挙げていた「J&M DAVIDSON」というブランドのベルトで3万ぐらいですし、「MARGIELA」でも良さそうなのは3万から5万ぐらいでした。

確かに物は良いですし、惹かれる要素は結構あるのですが、欲を言えばもう少し安くで良いものを手に入れたいですよね。

しかし、なんとM.F.SADDLERYのこの1.25インチのベルトは約1.1万円ほど。(なんか某通販番組みたいなノリになっていますが・・)

おそらく自社管理で少数精鋭だからこそ出来るプライスなんでしょうが、このクオリティでこのコストパフォーマンスの高さは嬉しいですよね。

ブランドネームである程度質を保証される買い物も良いですが、やはり自分の経験によって培われた感を頼りに、幅広く、型にとらわれないモノ選びをしていけたらなあと思うわけです。

購入先

ちなみに僕が購入したのはこちらhttps://unionworks.stores.jp/items/57ed41f941f8e82021004ae0

パンツサイズが大体30インチぐらいで32サイズ。穴が5つあって、通常は4つ目、ウエスト高めで少し締め上げる時は5つ目ですね。

余長さが短くて良いなら30でも良いかもしれませんが、おそらく僕と同サイズなら32が良い気がします。

別注ではなくオリジナルが良い方はこちら。おそらくデザインが一緒です。(ちなみに32インチは売り切れていますね。)

最後に

見た目や質の良さだけでなく、プライスと質のバランスも自分が納得出来るモノを。

ハイプなセールスに騙されず、もっと自分の価値基準を大切にしていきたいですよね。

「シンプルな黒のレザーベルトをずっと探していた」という方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。非常にオススメです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

The following two tabs change content below.

Tomoya Sugizaki

この記事を書いた人のTwitterをチェック>> Follow @tomo_cobhc 洋服や音楽関係の役に立つ情報を発信しています

僕が洋服に没頭するワケ→プロフィール(洋服遍歴)  
 
ご質問やご依頼はこちらへお願いします→お問い合わせフォーム

スポンサーリンク