80s ヴィンテージ「Burberry」バルマカーンコート。自分が今考えるトレンドとの関わり方

先日高円寺のヴィンテージショップでバーバリーのコートを購入しました。

現在もしくは少し前のトレンドに浮上していたバーバリー。(チェック柄がメインですが)

かつての自分であればそれだけでも敬遠してしまいそうなアイテムですが、それを「自分がただ気に入った」というストレートな意思決定で手にしたことは心境の変化としてとても大きく感じます。

洋服に詳しい方が多く見ていると思われるこのブログで今さら歴史あるものを語るのも野暮なので、僕なりにこのバーバリーのコートの魅力をお話しつつ、今考えるトレンドとの関わり方などを書いてみます。

 

スポンサーリンク


バーバリーバルマカーンコート

言わずと知れたこの伝統的なコートは、洋服が好きな方、特に古着屋によく行かれる方なら一度は見たことがあることでしょう。

年代や素材ディテールなどにこだわらなければ安価で手に入り、割とどこの古着屋でも見かけるアイテムです。

しかし、試着したことがある方ならわかるかもしれませんが、シルエットや色目、素材感などどうしても野暮ったくなりやすく、普通に捉えてしまうと全くと言っていいほど一軍の戦力にはならないアイテムです。

僕も昔試着して以来そのイメージが強く、全くもって興味の対象にはならないものでしたが、先日高円寺のヴィンテージショップでふと見かけたこのバルマカーンコート。

最近少しステンカラーコートが気になっていたこともあり、興味がないなりにも注視していたのですが、数着並んでいる定番のベージュの中に一着のみ、全く知識のない僕でもなんとなく惹かれるものがありました。

「イリデッセント」と呼ばれる所謂玉虫色にコットン100のボディ。「あっこれは格好良い」なんとなく直感的に似合う気がしたのですぐさま広げてみることに。

それは今まで見た他のものよりも明らかに綺麗なシルエットでした。

やはり相変わらずアームの太さや襟の大きさは気になるものの、生地の落ち感やアームの長さなど、「なんとなく今なら」という気がして羽織ってみるとこれが案外いける。

色々とオーナーに話を聞きつつ、少し調べて見ると80sのバーバリーらしく、サイズはなんと52。(XL相当)ただ明らかに52なんていうサイズ感ではなく、アームは少し長いがオーバー気味が割と気分でしたし、何よりこのイリデッセントとコットンの生地感がたまらなかったため即決しました。

オーナー曰くこの年代のEngland製の物は個体差があって、表記サイズがあまりあてにならないとのことだったのですが、個人的にはリサイズなのではないかと思います。もちろんオーナーが販売しやすくするためではなく、以前の持ち主がそうしたという意味です。

まあ正規のサイズなのかそれはさて置き、どちらにせよ僕の中でのヴィンテージバーバリーの悪しきイメージは払拭され、より一層洋服好きを強くしてくれたのは言うまでもなくとても良い出会いでした。

 

ただ、残念なことにまた新たな物欲を掻き立てることに・・。

ご存知の方も多いと思いますが、バーバリーには袖が二枚で構成されているものと一枚で構成されているもの(所謂一枚接ぎ)があり、こちらは二枚のタイプです。

どうしてもその中での一番が欲しくなる私としてはもう一着への道が見えてしまうわけで・・。一枚接ぎもいつか手に入れたいですね。しかし相場が高い。

 

トレンドとの関わり方

以前であれば、トレンドとはなるべく交わらないようにその時その時で選ぶアイテムを絞るようなところがありました。

それは自分が洋服好きであるが故に、変な自意識を持って少し通ぶった振る舞いをしていたからです。

そういった「被ることは悪」という考え方は、本来持つべき自由な表現を潰してしまい、ファッションを楽しむことを肯定できなくするようにも感じるのです。

それもまたファッションの表現の一部と言えばそうなのかもしれませんが、あくまでも自分の気分や直感で好きなものを選択するのがファッションの楽しみ方であり、より自由な表現ができるように常に柔軟な受け方ができるようにしておくことが大切な気がします。

今回のコートのような「感覚での出会い」のようなものをこれからもっと大切にできるように、より洋服やファッションを楽しんでいきたいです。

The following two tabs change content below.

Tomoya Sugizaki

この記事を書いた人のTwitterをチェック>> Follow @tomo_cobhc 洋服や音楽関係の役に立つ情報を発信しています

僕が洋服に没頭するワケ→プロフィール(洋服遍歴)  
 
ご質問やご依頼はこちらへお願いします→お問い合わせフォーム

スポンサーリンク